弱虫ペダル ネタバレ最新話(545話)の考察や感想!!【2年目のIHスペシャルステージ】

弱虫ペダルの最新話545話は2019年6月6日の週刊少年チャンピオン2019年27号に連載されております!

 

ここでは、弱虫ペダルの最新話である545話「2年目のIHスペシャルステージ」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

 

なので、どうしても弱虫ペダル 545話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

⬇⬇31日間無料キャンペーン中 ⬇⬇

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

 

 

それでは、どうぞご覧ください!^^

 

弱虫ペダル544話のあらすじ

表彰式の1時間前。

渋峠・ゴール地点。箱根学園の葦木場がゴールし、山岳賞ゼッケンを獲得。

続いて、箱根学園のキャプテン泉田もゴールし、スプリント賞を獲得。

 

走り終わった泉田は、後輩の真波がIHに向けて必死に練習する姿と、同じように悔しい思いをした自分を重ね合わせながら、彼に対して厳しく指導してきた1年間を振り返る。

 

勝利を勝ち取れなかった真波は、何もなかった素振りをしていたが、荒北の「ゴールを狙って走るお前はかっこよかったぜ」の言葉に、静かに涙をこぼした。

 

表彰式・選手控えテントの中

坂道は自分の名前が呼ばれるのをドキドキしながら待っていると、泉田に声をかけられ、「いい勝負をありがとう」とお礼を言われ、力強く手を握った。

 

泉田は「小野田君、君たちの後は、僕らの山岳賞とスプリント賞の表彰だ。拍手をくれるかい」と問いかけ、坂道は「もちろんです。心から」と笑顔で答えた。

 

坂道はたくさんの人たちに祝福されて、表彰台の1番上に上った。

 

弱虫ペダル545話「2年目のIHスペシャルステージ」のネタバレ

坂道の家

小野田家を訪問しに来た、今泉・鳴子・鏑木。

坂道の母はコーヒーとケーキでおもてなしをする。

ケーキ・コーヒーが出てきたことに、自分たちが歓迎されていると感動する今泉と鳴子。

去年のことを知らない鏑木は、既にケーキを食べ、のんきに去年何かあったんすかと尋ねる。

 

「正座させられて、しかられた」「ざぶとんなかった」

「しかられた!?1位とって正座!?」と驚く鏑木。

 

すると母は、若いから食べるでしょとから揚げも出してきた。

母は嬉しそうに、IHの特集雑誌を取り出してきて、インタビューの音読をし始める。

恥ずかしいから止めてと止めさせようとする坂道。

 

写真も見る?と母はIHの時の写真も取り出すが地面の写真が26枚。

その26枚目は坂道のヘルメットとめがねの影が映った写真。坂道の影の写真だった。

それを大事そうに手に持ち、感動で少し泣く母。汗をたらし見守る今泉と鳴子。

 

坂道の母「あなた、1年生の鏑木一差くんね」と話しかける。

突然話しかけられビックリし、から揚げを口にいれたまま自己紹介をする。

 

いつも坂道から聞いているわ。頑張り屋さんだって。だけど自分は先輩らしいこと何も出来ないって…

そんな母の言葉に、鏑木は「そんなことないす。オレが超ギリギリで苦しい時、いつも見守ってくれていますから!!」

 

坂道はその言葉に感動し鏑木の名前を叫ぶ。

 

家を出て、自転車を走らせる4人。

坂道の母の姿に感動して、インハイで優勝して母を喜ばせたいと意気込む鏑木だったが、あれでそう思うのか素直な奴と心の中で思う今泉と鳴子。

 

IH後の練習

待ち合わせ場所に向かう4人。既に手嶋と青八木は到着していた。

手嶋「今日の練習メニューはIH1番の功労者小野田に準じる!!好きなコースを選べ!!」

坂道「はい!」

あまりの迫力にどえらい登りのコースに行くのかと狼狽える鏑木。

 

いろいろ調べて考えました…

今一度行きたいです。このメンバーで!!アキバへ!!

 

アキバ

僕が案内すると、皆とアキバに来れたことに幸せそうな坂道。

鏑木は興奮してあたりをキョロキョロ。

手嶋は落ちついた様子でメイドの女の子からチラシを受け取る。

 

突然、青八木は「ゲーセンにいこう」

青八木の提案でゲーセンにいくことに。

青八木のリズムゲームの上手さに「うまー!!」とびっくり。なんと9800点

手嶋も負けずにUFOキャッチャーで人形をゲット。

 

なんだよ。この人たちのアキバスキル!!

アキバを存分に楽しみ、次に向かったのはカラオケだった。

カラオケでもキメまくる手嶋。歌うめーー!!

 

坂道はマイクをもち皆の前に立つ

あの、最後になりましたがこれは僕から皆さんへのプレゼントです。

 

マニュマニュの限定フィギュアシリーズ6ポーズ全コンプリートを渡した。

昨日アキバに並んで買ったそうだ。

 

「昨日もアキバに来たのか」「これもってずっと走っていたのか」と驚く皆。

 

そして最後に、アキバに皆さんと来られて、僕は、今すごく幸せです

と坂道が感謝の気持ちを伝え、皆が拍手を送る。

 

帰り道

手嶋たちはもう3年。IHも終わり受験勉強が本格的に始まる。

 

終わった最高のIHが、2年連続優勝という最高の形で

おまえのおかげだ小野田

すげぇよ。誰にもできることじゃない

マジで偉業だと思うぜ、けどその偉業は坂道お前を

望まないところに連れて行くのかもしれない

 

今泉はみんなに囲まれ幸せそうに笑っている坂道の顔を見ながら、ふとこう思うのであった。

 

職員室に一本の電話

はい。なるほど…うちの選手を。レースに召集…「1人」ですか

 

 

弱虫ペダル 545話までを無料で読む

ということで、弱虫ペダル545話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

 

何より、超気になりますし!笑

 

今なら、U-NEXTを使えば、弱虫ペダル545話を含めた週刊少年チャンピオン2019年27号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

 

⬇⬇31日間無料キャンペーン中 ⬇⬇

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!
 
ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、解約もできます。

どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると追加料金の心配もありません。

 

 

弱虫ペダル545話の感想・考察

緊張のIHも終わり、久々にリラックスしていましたね。

坂道母(笑)やっぱりあの人は不思議キャラですね。でもあんなお母さん癒されます。

今回一番驚いたのは、青八木先輩でしょ!!あの普段無口な彼からは想像つかないリズムセンスがここで明らかになりました。

 

最後の今泉の「望まないところに連れて行くのかもしれない」と電話…

また次のレースが始まる予感ですね。

 

弱虫ペダル545話についてのまとめ!

弱虫ペダル545話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

 

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

 

今なら、U-NEXTを使えば、弱虫ペダル545話を含めた週刊少年チャンピオン2019年27号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA