ハコヅメ~交番女子の逆襲~ ネタバレ最新話(75話)!考察や感想も!【育ての鬼】

ハコヅメ~交番女子の逆襲~の最新話75話は2019年6月20日の週刊モーニング2019年29号に連載されております!

ここでは、ハコヅメ~交番女子の逆襲~の最新話である75話「育ての鬼」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもハコヅメ~交番女子の逆襲~75話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

⬇⬇31日間無料キャンペーン中 ⬇⬇

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

 

それでは、どうぞご覧ください!^^

ハコヅメ~交番女子の逆襲~「育ての鬼」のネタバレ

葵教官の結婚祝いにお店に集まった川合たち。

手紙

「この度は、ご結婚おめでとうございます」

葵「ありがとう」

葵「悪いな、結婚式、人数多くなりすぎて教え子まで呼べず」

川合「いえっ、こうして同期生でお祝いさせていただくお時間をつくっていただき本当にうれしいです」

夫(葵さん・・・したわれてるんだな・・・)

川合「実は・・・葵教官への感謝の気持ちをみんなで手紙に書いてきました」

葵「えっ・・・」

夫(葵さんうれしそう)

川合「私たちは高卒組なので13か月も葵教官にお世話になりましたもん」

同期生たちもそれぞれ思い出を語っている。

川合「それでは手紙を読ませていただきます」

川合が手紙を読みだす。

学校時代

葵教官へ。この度はご結婚おめでとうございます。

夫(どんな教官だったのかな)

葵教官覚えていますか。
特別指導期間の仕上げとして行われた「1時間走」

同期生全員で隊列を組み
足並みとかけ声をそろえ
1時間走らされ続けました。

その日の気温は上がる一方
隊列から脱落しそうなものに

男性教官「声出せ!遅れるな!」

教官方の活は入り続けましたが
私たちの意識は遠のく一方でした。

そんな中、葵教官は

葵「口あけろ!」

バシャーン!

バケツの水を浴びせる葵。

葵「目ん玉戻せ!口に入った水を飲め!」

と私たちに水をぶっかけ続けてくださいました。

同期生「あれは本当ありがたかった・・・生き返ったよね」

川合「重いバケツを振り回してまで水分補給させて下さる葵教官の優しさに感激しました」

葵「懐かしいね」

夫(優しさ荒々しくね?)

1時間走が終わり
「隊列止まれ」の合図を聞いた私たちは
疲労と達成感で涙も鼻水もよだれも垂れ流しました

そんな私たちに葵教官は駆け寄り声をかけてくださいました

葵「岡島県警の女がこんなことで泣くな!みっともない!」

警察パねぇ
本当にそう思いました。

川合「あの・・・葵教官よろしいでしょうか」

葵「なんだ?」

川合「私・・・後半意識なくて下半身についてはもう感覚バカになってて」

葵「うん?」

川合「この・・・ジャージのびちょびちょ具合・・・恐らく・・・本職失禁しております」

葵「は!?ウソだろ・・・」

同期生たちは全員そうなっている様子。

葵「・・・っしゃ全員臭けりゃバレないでしょ、平気平気」

こうして私たちはより強い絆で結ばれました。

夫(できれば俺も知りたくなかった)

夫「てか・・・警察学校そんなきつかった?俺楽しくてもう一回戻りたいくらいなんだけど」

葵「たまにあんたみたいなのもいるけど、ほとんどの女にとって男と同じ訓練させられるあそこは地獄なの」

「毎日がデッドオアアライブなの!!」

夫「すみません」

夫「確かに警察学校の教官に異動が決まってから葵さん気合入れまくってたもんね。結婚の話もし始めたのに」

「それどころじゃないから!ちょっと待ってて!」

夫「って勉強とトレーニングやり直してさ」

葵「結婚だいぶのびちゃったな」

川合「女性の教官ってうちの警察学校には一人だけだから責任も大きいしすごく大変なんですよね」

手紙の続きを読み始める川合。

こうして特別指導期間を終えて
ゴールデンウィークに束の間の休暇で
帰省した私たちですが

警察学校に戻ると彼氏のいた同期生は
全員ふられて帰って来てました

「この1か月でやせて傷だらけになって髪短くなった私の姿見て「おまえもう女じゃねぇじゃん」とのことでした」

「本職については「スマホ使えない女とはこれ以上続けられない」と引導を渡されました」

・・・・・・・

とにかく辛かった
精神的にも体力的にもいつもギリギリ
そんな私たちに葵教官は

葵「いいぞやめても」

・・・・・・・

葵「仕事の性質上どうしても合わない者もいる。それは悪いことじゃない」

葵「自分でそう判断したなら恥じずにここを去りなさい。ただ、適性も実力もない上でそれでも警察官になりたい者はどんなに辛かろうがここにかじりつきなさい」

厳しかったけど
私たちは少しずつたくましくなっていきました。

ケガをしてしまい訓練できない時だって・・・

葵「あんたらのために骨折中でもできるサーキットメニュー調べてきた」

葵教官は私たちを鍛え続けてくださいました。

「あったねぇ、なつかしい」

昔を思い出す同期生たち。

「もう学校時代には戻りたくないわ」

「本当きつかったね、あ川合、手紙続き」

川合「おっとごめんごめん」

一生ついていきます

葵教官、あの頃私たちは
警察学校の高い高い塀の中から
早く逃れたいとばかり思っていましたが
今なら私たちにもわかります

葵教官はずっと
塀の外で治安維持の一線で奮闘している
同僚たちのもとへ

共に闘うことができる警察官を
送り出せるように私たちを厳しくも温かく
育ててくださいました

川合「愚痴や弱音は無限に出てくるヘタレポンチな私たちですが、それでも警察学校を卒業してから今まで現場から逃げたことは一度もありません」

川合「これまでご指導ありがとうございました」

葵「・・・ありがとう」

夫「葵さん・・・」

同期生「というか現場出たらあんまり教官方より怖い人いなかったです」

川合「わかる!」

川合「チンピラにすごまれても葵教官の迫力に比べたらまだマシっていうか」

同期生「このまえ酔っ払いに絡まれてちょっと手首ひねった時なんか、そのおじさんの手、葵教官よりずっと華奢でびっくりしました」

同期生「大抵のことはビビらずにすんでるのも葵教官がメチャクチャ怖かったおかげです!」

川合「本当だよねー葵教官は偉大です!」

夫「・・・一生ついていきます(汗)」

葵「おう」

ハコヅメ~交番女子の逆襲~75話までを無料で読む

ということで、ハコヅメ~交番女子の逆襲~75話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ハコヅメ~交番女子の逆襲~75話を含めた週刊モーニング2019年29号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

⬇⬇31日間無料キャンペーン中 ⬇⬇

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!
 

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ハコヅメ~交番女子の逆襲~75話の感想・考察

警察パねぇ笑
漫画で見ると面白エピソードなんですけど実際・・・すごい世界だと思いました(^▽^;)
ボロボロになりながらもしっかり教官の思いは伝わっていて・・・良かったです(*^^*)

こういうリアルな警察の裏側の部分を見れるのもハコヅメのいい所ですよね!
骨折中でもできるサーキットメニュー・・・葵教官パないです(^▽^;)

ハコヅメ~交番女子の逆襲~75話についてのまとめ!

ハコヅメ~交番女子の逆襲~75話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ハコヅメ~交番女子の逆襲~75話を含めた週刊モーニング2019年29号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA