ダンス・ダンス・ダンスール ネタバレ最新話(125話)考察や感想も!

ダンス・ダンス・ダンスールの最新話125話は2019年6月24日の週刊ビッグコミックスピリッツ2019年30号に連載されております!

ここでは、ダンス・ダンス・ダンスールの最新話である125話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもダンス・ダンス・ダンスールの125話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

⬇⬇31日間無料キャンペーン中 ⬇⬇

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

 

それでは、どうぞご覧ください!^^

ダンス・ダンス・ダンスール125話のネタバレ

YAGPに向けてレッスン場で練習する潤平。

クラシックとの違い

岩井「タータッタン、タータッタン・・・・・」

潤平はリズムに合わせて踊っている。

パチッ

指をならす岩井。

岩井「・・・タ—-タン」

ドッ

こける潤平。

岩井「・・・あーあー、やり過ぎ」

岩井「でもいいよ、やりすぎるのは。まず、限界までやってできない状態からできるところまで近づける。何度も試して自分で見つける。これは頭だけで分かってても駄目。自分で、身体で理解できないと駄目だ。」

潤平「はい!」

岩井「エネルギーの移動をうまく使って次の動きへ繋げるんだ」

踊る潤平。

岩井「今度は小さいかな。あと、動きが硬い。全体的に身体がリラックスできてない」

岩井「クラシックならこうだ。リラックスしてないわけではないが、ボディはいつも軸の上にある。オンバランスからオンバランス。オフバランスはこう・・・倒れる力を利用して、次の動きに入る」

岩井は踊りながら説明する。

岩井「ボディもエクステンションがかかって台形になる。もっと自由だ。テーマ?まぁ一応決めてあるが・・・」

岩井「まだ言わない。お前のイメージを押さえつけてしまうのは面白くないし。まずは振り移しをして・・・その中でより面白いほうに変化していったってかまわないわけだし」

潤平(クラシックと・・・違う動き!違う筋肉の使い方!!クラシックと違って、理想の正解を探って近づけるのではなく・・・イメージして、創っていく感じ!!!)

潤平「俺は、やっぱ・・・大地なイメージ・・・・・・)

そういって踊る潤平。

潤平「あははっ。オフバランスわかった!」

岩井「流れるように自然だった。さすがだな」

潤平(そんで何よりクラシックと違うのは・・・俺が、褒められている・・・・・・!!!)

お茶を飲む綾子。潤平母と対面する。
母は綾子に潤平は全日制の高校には行かず生川の団員になるのはどうかと提案されていた。

母「え?」

綾子「ですから・・・潤平くんは、YAGPから戻られましたら・・・全日制の高校には行かずに生川の団員になってしまうのはどうかと思いまして」

母・・・・・・えっ・・・ええ!?」

綾子「こちら」

そういってパンフレットを母に渡す。それは通信制高校のパンフレットだった。綾子は母を説得する。

母「えーっと・・・ちょっと急すぎて・・・」

綾子「実はもう一人女性徒のご家庭にも同じ話をしています」

母「・・・・・・・そのご家庭は、どういったご決断を・・・・・・・」

綾子「ええ!!もちろん快諾いただきました」

綾子は響の両親にも話をしに行っていた。響の父はもう二度と来るなと綾子を怒鳴りつける。綾子は響の母に彼女のために何度でもお伺いしますと伝える。潤平の母には快諾頂いたといったが実はそれはウソだった。

綾子は潤平の母に費用は全て負担する。潤平くんは喜んで入団を考えてくれるはずと伝え、潤平の母も悩みながらも前向きに検討すると返答する。

潤平の判断

綾子が帰った後、潤平の母はバレエダンサーや海外留学などについてパソコンで調べている。

母「・・・わからないっ。うーん・・・・・・」

潤平「ただいまー。腹減ったー・・・・・・」

千鶴「おかえり。肉あるよ、肉」

食卓には千鶴がいた。

潤平「千・・・千鶴さん・・・!?」

千鶴「あー、でも先に湯舟入って筋肉ほぐしといで!」

母「へー・・・そういうものなのね」

潤平「えっ!?は!?なんで!?!」

母「私が相談事があって連絡したの。あ、こっちは綾子さんからの頂きもので・・・・・・」

潤平「はぁ・・・!?綾子さんも家に・・・!??」

千鶴「潤平・・・!!綾子さんが生川の正式な団員にならないかって。YAGPから帰国したら研究生としてロシアに2~3年留学して、学校はとりあえず通信に通って」

潤平「・・・・・・えっロシア行く行く!!!生川入る入る」

千鶴「・・・即答ね・・・・・・生川の留学先はワガノワだから流鶯と同じクラスかもしれないわね・・・・・・」

潤平「・・・・・・流鶯と・・・・・・」

流鶯とワガノワ・・・・・・!!!!

千鶴「・・・たとえば、3年間ワガノワで一緒に学んだとして、無事、最終学年までいったとして・・・卒業後、流鶯は第一希望のマリインスキーかボリショイを目指す。あなたは日本に、「生川」に帰らなければいけない。それで・・・いい?」

潤平「いい・・・!!」

潤平「俺ッ、「生川」にいて、やっとクラシックバレエ分かってきた気がしてて、そこにコンテンポラリーやりはじめて・・・今ッ・・・めっちゃ楽しい!!!俺、ここで踊りたい」

千鶴「うん、そうね。お母様にも説明させて頂いたけど、「生川」はいい団・・・」

母「待って待って!!潤平、本当!?」

2人の会話の間に入る母。この話を受けたら潤平が縛り付けられるのではないかと話す。潤平は笑って大丈夫と言いお風呂へ向かう。

千鶴は「彼の判断は悪くないと思う。潤平ならどこにいても世界に届く気がする」と母に伝える。

潤平(超放任で、迷惑かけなきゃなんでもOKかと思ってたけど・・・・・やっぱ、親なんだな・・・・・・)

ダンス・ダンス・ダンスール125話までを無料で読む

ということで、ダンス・ダンス・ダンスール125話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ダンス・ダンス・ダンスール125話を含めた週刊ビッグコミックスピリッツ2019年30号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

⬇⬇31日間無料キャンペーン中 ⬇⬇

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!
 

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ダンス・ダンス・ダンスール125話の感想・考察

潤平らしいまっすぐな気持ち。それを心配する母。放任と言っても親ってやっぱり子供が心配なんですね(ノД`)・゜・。
潤平はこれからどんな選択をするのか気になるところです!

綾子も潤平母にはウソをついたものの潤平と響を思っての行動だと・・・思いたいのですが漫画ではちょっと悪そうな顔をしていたので何か企んでのことかもしれません!

ダンス・ダンス・ダンスール125話についてのまとめ!

ダンス・ダンス・ダンスール125話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ダンス・ダンス・ダンスール125話を含めた週刊ビッグコミックスピリッツ2019年30号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA