上野動物園でパンダが赤ちゃん出産!名前や公開日はいつ?

https://goo.gl/pMo8Xi

東京の上野動物園でパンダのシンシンが赤ちゃんを産んだそうです。

以前から妊娠が分かっていて今か今かと話題になっていましたが、ついに産まれましたね。

現時点では母子ともに健康だということです。

2012年に産まれた赤ちゃんは生まれて6日後に亡くなっているので、今回はしっかりと成長してくれるといいですね。

今回生まれたパンダの赤ちゃんの名前や公開日について調査しました。

スポンサーリンク

ニュースの詳細

上野動物園(東京・台東)の雌のジャイアントパンダ「シンシン」(11歳)が12日正午前、赤ちゃんを出産した。都への取材で分かった。生まれたのは1頭で性別は不明という。シンシンの出産は2012年以来で、上野でのパンダ誕生は5例目になる。

 シンシンは2月末、雄の「リーリー」(11歳)と交尾。5月16日ごろから、主食の竹を食べる量が減るなど妊娠の兆候がみられた。

 19日ごろから4カ所の乳頭が目立つようになり、妊娠した際に分泌される尿中のホルモン代謝物の値が上昇傾向を示した。妊娠の兆候が強まったとして、25日から公開が中止されていた。

 パンダは妊娠していなくても、しているような特徴を示す「偽妊娠」のケースもある。「実際に出産するまでは、妊娠していたかどうかは分からない」(都担当者)といい、都は慎重に経過をチェックしていた。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H8V_12062017000000/

パンダの赤ちゃんの名前はどうなる?公募?

今回の赤ちゃんの名前はどうなるかハッキリとは決まっていませんが、

同じくパンダの赤ちゃんがうまれている和歌山県のアドベンチャーワールドでは公募されることが多いです。

1986年に上野動物園で産まれたパンダのトントンも公募だったので、今回も公募になるのではないでしょうか。

ちなみにトントンの時の応募数は27万通だったそうです。

上野動物園はリーリー(力力)やシンシン(真真)、ホァンホァン(歓歓)など繰り返す名前になっているので、それらを参考に今から考えておくのもいいでしょう。

漢字も一緒に考えておくと良さそうです。

公募時期は出産から1ヶ月くらい経ってからのことが多く、2ヶ月間くらい募集しています。

今回で言うと7月初~8月末くらいでしょうか。

公開日はいつ?

こちらもアドベンチャーワールドでの事例をもとに考察します。

アドベンチャーワールドでは産まれてから1ヶ月以内で初公開することが多いようです。

ただ、パンダは暑さに弱いのでシンシン達の場所とは違う場所での公開になるかも知れません。

屋外で遊ぶ姿が見られるのは秋以降になるかも。

上野動物園のパンダの見所は?

上野動物園の目玉とも言えるパンダ。

赤ちゃんパンダの誕生は5年ぶりなので、早く観たいですよね。

赤ちゃんパンダの見所はやっぱり親子のじゃれ合いとヤンチャな所でしょう。

人懐こくてコロコロしている赤ちゃんパンダは今しか見ることができません。

パンダは人間よりも成長が早く、2年ほどで大きくなりヤンチャな時期が終わり、

3歳になる頃には親パンダと同じくらいの大きさになるそうです。

パンダの出産動画は

今回のシンシンの出産ではありませんが、

パンダの出産を捉えた動画がYouTubeにありましたのでご紹介します。

まとめ

上野動物園のパンダの赤ちゃん出産は本当に嬉しいニュースですね。

ちょうど夏休みには公開されているのではないでしょうか。

今行ってもまだ公開されていないので、はやる気持ちをおさえて夏休みまで待ちましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする