バイク旅ではどこに泊まればいいのか?野宿スポット

昨日、テントは持っていかなくても大丈夫!

と書いてしまいましたが、ちょっと無責任かなと思ったので

書こうと思っていたことがあったのですが、こちらを先に。

長旅をしていると、どこで寝るのかが一番の問題です。

本当ならホテルや民宿などに泊まるのがベストですが、

100日旅をするとしてホテル代が毎日5000円だとしたら

それだけで50万円です!!!

むりーーーーーーーーーーーーーーーー!

と、言うわけで私が泊まっている場所をご紹介します。

ゲストハウス(1000~3000円/泊程度)

最近では安宿として定着していますね。

ある程度の都市であれば1軒くらいあります。

素泊まりで安い所だと1000円程度からあります。

ゲストハウスの魅力は旅人が多いという所でしょう。

大抵、夜リビングにいると誰かしらと話をすることになり、

情報交換が出来ます。

意気投合して飲み過ぎ、次の日の出発が遅れたり、

もう一泊することがあるので注意です。

ライダーハウス(無料~1500円)

北海道を中心に全国にライダーハウスというものがあります。

布団などはなく、寝袋で雑魚寝のところが多いです。

夏時期はライダーが多く、こちらも情報交換が出来ます。

オーナーさんによってサービスは違いますが、

いい所だとお風呂に入らせてもらえたり、食事を御馳走になったり、

800円でこんなに!?ということが多いです。

良いライダーハウスを見極めるポイントは

大都市から外れた、個人の趣味や善意でやっていて、小規模な所ですね。

料金は800~1000円くらいの所に良い場所が多い気がします。

「はちの巣」というサイトで口コミも見れます。

大規模な所は長期・常連のライダーが仕切っていて、新規の人間は

少し肩身の狭い思いをすることも…。

北海道の道東や道北はいいライダーが多いのでオススメです。

ここからは無料の場所です。

許可はとっていないので、厳格にはNGかも知れませんが、

周りの迷惑にならないようにしていれば黙認されている状態です。

たまに職質されたり、警備の方から大丈夫?と声をかけられることもありますが、

旅をしていてお金がなくて…と言うと

「ゴミは片付けてね」「朝早くから人が来るから早めに起きてね」

などと言われるだけで怒られることは少ないです。

今後も続けて行けるように迷惑にならないように気をつけて利用させてもらいましょう。

道の駅(無料)

十数年前から増えてきて、現在は1000箇所を超えるようです。

車中泊の人も多く、ほとんどの場所で黙認してくれます。

私は人が少ない場所なら入り口などの軒下。

多いようなら人が来ない端っこの軒下などに寝ます。

観光案内所みたいな場所がある所だと屋内で寝ることも。

道の駅の駅長と知り合うことがあり、道の駅での野宿について

聞いたことがありますが、「うちは野宿NG」と言われました。

道の駅で野宿している人は多いのですが、あくまで”黙認”してくれているだけなので

節度をわきまえてNGのところでは野宿しないようにしましょう。

公園

テントがあった方が良いですが、ちょっと大きな公園でも寝ます。

東屋があれば東屋でも良いのですが、雨が心配なんですよね。

橋の下

雨が防げる場所と言えば橋の下!!

車通りが多いと少し音が気になりますが、雨の心配がないのは嬉しい!

公共施設

市役所や図書館、体育館などの公共施設の軒下を借りることもありました。

警備の人がくることがありますが、今のところ注意をされたことはありません。

慣れてくると普通に飲んだ後でも市役所の軒下で寝ることもあるとかないとか…。

フェリー乗り場

あまりありませんが、フェリー乗り場など港町はおおらかな気がします。

沖縄や離島では野宿があまり歓迎されないのでゲストハウスや民宿を

利用することをオススメします。

私が泊まる場所はこんなところです。

北海道ではライダーハウス、沖縄ではゲストハウスが基本で、

それ以外は道の駅を探し、無ければ他の野宿スポットを探す感じです。

有料のところは事前に予約をした方がいいので、

朝からそこを目指して行きますが、目的なく走って寝場所を探す時は

夕方に、今いる場所から50km圏内で目星をつけます。

ちなみに歩き旅をした時は夕方から探しはじめても

5~10km圏内でしか動けないので寝場所探しが大変でした。

みなさんに良い寝床がみつかりますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする