京都で桜の花見ツーリングに最適な穴場、有名所紹介!平年の開花は3月28日頃

京都で花見といえば円山公園や哲学の道、清水寺、京都御所などが有名で、
市内には他にも桜がキレイなお寺や神社もいっぱいあります。

ですが、修学旅行シーズンも重なるため春の京都は凄く混みます。
ライダーがバイクでいくなら、そんなに渋滞するような場所には行きたくないですよね。

今回は京都の桜の名所を有名所から穴場まで僕が行った中からご紹介します。

ちなみに、京都の桜の見頃は大体3月下旬~4月上旬です。

スポンサーリンク

おさえておきたい京都のさくら名所100選

冒頭に上げた桜の有名所は実は「さくら名所100選」には選ばれていません。

京都府で「さくら名所100選」に選ばれているのは4箇所です。

・京都市右京区の仁和寺

御室桜として有名な仁和寺が選ばれていました。御室桜は遅咲きで大体4月上旬~中旬頃に見頃を迎えます。

小さな桜なので他とは違った感じで見られます。

他の桜が散った頃に見頃を迎えるため、見頃時期は多くの観光客が仁和寺に来るのでとても渋滞します。

ちなみに、仁和寺は御室御所(おむろごしょ)と呼ばれており、体重計や温度計などでも有名なOMRONは

仁和寺の御室から名前を付けたと言われています。

・京都市伏見区の醍醐寺

豊臣秀吉が花見をしたことで有名な醍醐寺ですが、個人的にはあまり…。

秀吉は派手好きなので派手な桜を期待して行ったのですが、樹齢180年の枝垂れ桜以外はあっさりしていて

庭園を見ながらゆっくりと見る場所のようでした。

昔の人が好きそうな感じという印象でした。

・嵐山

有名な観光名所なので常にたくさんの人がいます。

京都に住んでいると有人が来た時などにとりあえず連れて行くので、

特に人の多い嵐山の桜は見に行きませんでした^^;

「さくらの名所100選」とは当時知りませんでした。

写真を見たことはありますが、渡月橋をバックに写した桂川などはとても綺麗ですね。

・相楽郡笠置町の笠置山自然公園

すみません。ここも行ったことありません。

調べてみましたが、桜より紅葉の方が有名っぽいですね。

キャンプ場が併設されていて桜を見ながらバーベキューも出来るようなので、

いつか行ってみたいです。

ツーリングで行きたい桜の超穴場

個人的にオススメしたいのは京都市右京区 常照皇寺の九重桜です。

住所は京都市内ですが、高山寺や貴船神社よりもかなり北にあるので、京都らしさはありませんし、

渋滞もありません。

この桜は樹齢650年とも言われ、立派な幹が盆栽のように曲がっているのが特徴です。

桜は2~300年でもかなり高齢な方なので、650年の桜の木はなかなか無いんじゃないでしょうか。

現在は腐敗が進み、枝を支えたりしてなんとか立っていますが、もしかしたら数年で花も付けなくなるかもしれないので

早めに見に行って欲しい木です。

2台目の九重桜も植えられていて、こちらも見応え十分なので是非一度訪れてください!!!

最後に

個人的には「何千本の桜が咲き乱れ…」というような場所は桜よりもピンク色を見に行っているような気がするので古木の方が好きなんです。

九重桜以外にも城陽市から少し南に行った処にある地蔵禅院の枝垂れ桜(樹齢280年)も良かったですよ。

地蔵禅院は小高い丘になっていて、桜の下には平地が広がっていてのんびりした雰囲気でゆっくりと桜の木を見ることができます。

古木は枝ぶりも見応えありますし、あまり有名でないので渋滞もしませんしライダーには最高だと思っています。

他にも「桜 古木」などで検索すると色々と出てくるので古木を巡ってみるのも楽しいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする