【ライダーあるある】バイクに乗っているときに煽られたらどうすればいい?

気持ちよく走っている時に理不尽な嫌がらせを受けた。

そんなことありませんか?

  • ピタリと後ろにくっつきスピードを落としても抜いていかない
  • バイクの横スレスレで抜いていく
  • 猛スピードど抜かれて急ブレーキをかけられる
  • 並走、幅寄せされる

バイクは小さく見辛いですし、すり抜けなどの違法行為を多用するライダーがいて不快に思う気持ちもわからなくはありませんが、車と比べると不安定なので少しビクッとなるだけでもバランスが崩れてしまうことがあります。

最近ではYouTubeなどにバイクに嫌がらせをする車の動画もありますが、見ていて気持ちの良い物ではありません。お互い様だなと思うものもありますね。

今回はこうした煽りや嫌がらせを受けない為にするべきことと、万が一嫌がらせに遭った場合の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

嫌がらせを受けないためには

嫌がらせを受ける理由で多いのは実は何キロも抜いたり抜かれたりしていて、車としてはこちらの存在にずっとイライラしていたという事です。

バイクとっては抜いていく車は多いので気にしませんが、ライダーを目の敵にしている人にとってはずっと近くにいられるとイライラするようです。

ですので、急加速して抜いていく車や、視線を感じるような車がいたら近づかないことです。

渋滞や信号の多い場所などではコンビニに入るなどしてしっかりと距離をあけましょう。

煽ってくる車はすぐに左に避けて右手で合図をするとすんなり抜いていってくれます。

煽ってくる車をぶっちぎってやろうとか、煽り返したりするとこちらがスピード違反や危険運転で捕まる可能性もあるので絶対に避けて、煽ってくる車とは出来る限り早く距離を置くようにしましょう。

嫌がらせを受けたときのために

こちらが丁寧に対応していても、”輩”と呼ばれる人たちは難癖をつけてくることがあります。

そんなときのためにもドライブレコーダーを付けるのが大前提です。ナンバーを覚えておく必要がなくなります。

煽りや嫌がらせは道路交通法違反のことがほとんどなので、本格的なトラブルになった場合こちらが有利になります。

どうしても腹が立ったら道路交通法違反で通報することも可能です。

万が一の時に身を守ってくれるのでバイク保険みたいなものだと言い聞かせて付けましょう。

もし停止を求められても停まる必要もありませんが、万が一のときは出来るだけ人の多く、防犯カメラがある場所を選びましょう。

コンビニの駐車場なんかがあればベストです。

最後に

煽られたときの対応は”相手のペースに巻き込まれず、距離を置く”のが一番です。

某知恵袋での「車に煽られて困っています」という質問に対して、「ぶっちぎりましょう」とか「勝負として楽しむ」という回答がありますが絶対にやめましょう。

普段運転していると忘れがちですが、バイクは免許を持たないと乗ることが出来ない凶器でもあることを覚えておきましょう。

なるべく早く煽りに気付くために後方確認もこまめにしたほうが良いです。

どれだけ安全運転をしていても「バイクが嫌いだ!」という人もいるので、変な車に近づかないためには余裕をもった計画も大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする