離島を行き尽くした旅人が教える!石垣島から行けるオススメの“離島”TOP5

沖縄には宮古島、石垣島以外にも沢山の離島があります。

中でも石垣島にはフェリーターミナルがあり、離島へ行くことが出来ます。

今回は石垣島からフェリーで行ける、離島の中から僕がオススメする離島TOP5をランキング形式でご紹介します。

石垣島から離島めぐりをする際は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

第5位 西表島

石垣島から40分程度で行ける、沖縄県で二番目に大きい島です。あまり知られていませんが、実は石垣島よりも大きいんです。

島の面積の90%が森林なので、自然が豊かでトレッキングやカヌーなどのアクティビティをするには最高です。

また、CMなどで何度も使われている水牛で海をわたる由布島へのツアーはココでしか味わえないので、西表島に行ったら絶対にやるべきです。

西表島から由布島までは満潮時でも水深が1m程しかありません。直線距離約400mの道のりを10~15分かけて渡ります。

由布島へは歩いても行けますが、島全体が亜熱帯植物園になっているので入場料を払う必要があります。700円くらいだったかな。

第4位 小浜島

小浜島へは石垣島からフェリーで30分くらいで到着します。

日本最西端の与那国島や有人最南端の波照間島のほど知名度はないのですが、星野リゾートのホテルがあるなどリゾート地として利用する人がおおく、全体的にのんびりした印象の島です。

一昔前のNHK連続ドラマ「ちゅらさん」の舞台になった場所といえば思い出す人も多いのではないでしょうか。

僕が小浜島でオススメしたいのはビーチです。あまり手入れがされていないのでビーチで遊んでいる人も少ないので独占できます。

また、八重山のビーチでは珍しく砂が多くサンゴが少ないので泳ぎに自信がない人でも容易に足をつくことが出来ます。

小さいお子様を連れての水遊びにも最適です。

僕は行ったことないですが、幻の島も素敵だそうですよ。

予算に余裕があれば是非行ってみてください。

第3位 竹富島

石垣島から一番近い離島、竹富島は石垣島から15分程度でついてしまいます。

ちょっとした運河くらいの距離なので、よっぽどの大荒れでなければフェリーも欠航にならず、僕は旅の最終日などの予備日に時間調整に利用しています。

また、離島に長期滞在した後に石垣島に返ってくると、石垣島が都会すぎて逃げ出したくなるので、フェリーの本数が多い竹富島は離島めぐりをした最後にかならずと言っていいくらい行っています。

コンドイビーチは夏場は特に人が多いので、海水浴をしなくて良いのであれば個人的には西桟橋がオススメです。

西桟橋はコンクリートで作られた桟橋があるので、海の真ん中を歩いていけるし、砂浜をあまり歩かずにすむので靴の中に砂が入りません。

夜、星空を見る際も寝転がっても砂がつかないし良いですよ。

 

第2位 与那国島

与那国島へは石垣島からフェリーで4時間くらいで行ける日本最西端の島です。ゲ◯船とも呼ばれるくらい荒れることが多いので乗る前には船酔いのクスリを飲むことをオススメします。僕は3度乗っていますが運良く対した揺れを経験したことがありません。

フェリーは週に2本で、欠航となることもあるので与那国島に行くときは前後に余裕を持って行きましょう。

フェリーが苦手な人は石垣空港や那覇空港から空港から飛行機が飛んでいるので、飛行機に乗ってもいいですよ。

与那国島のいいところは何もない所だと思います。

フェリーが週に2回しか来ないので、お店の商品も週に2回しか補充されないとか、道を走っていると馬に行く手を遮られたりすることを楽しみましょう。

あとは釣りをしたり、ビーチでボーッとしたり、日本で一番最後に沈む夕日を見たりすれば一日が終わります。

与那国島は歩いて周るには広めなので、一周するなら原付バイクをレンタルした方がいいですよ。

第1位 波照間島

1位は与那国島と迷いましたが、波照間島です。波照間島は石垣島からフェリーで30分くらいで到着します。

天気が悪いとすぐに欠航になりますし、揺れることも多いですが30分なので耐えきりましょう!!

これはあまり知られていませんが、定期便が欠航になっても貨客船という船は出ていることがあります。

予約が出来ないので朝から並んでとる必要がありますが、帰りの飛行機の日程などでどうしても行きたい・帰りたい場合は利用してみましょう。

波照間島の魅力も与那国島と同じく何もない所なのですが、夜になると恐ろしく星がキレイです。日本で一番ではないでしょうか。

星のキレイな波照間島なので、出来れば冬の新月の時に行きましょう。南十字星も見ることが出来ます。

星空観測タワーでは丁寧に解説してくれるので、天気の良い日があれば是非行くことをオススメします!!!!

最後に

沖縄は冬はオフシーズンなので、人も少なく、安く行くことができます。

離島の魅力は静かな時間だと思うので、海水浴を目的としないのであれば冬~春の時期もオススメですよ。

このブログが皆様の離島ライフのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする