ポルカドットスティングレイのライブがしょぼい?ロゴの由来や経歴は

tomo-life.com

知る人ぞ知る新バンド、いや、名バンドポルカドットスティングレイ」。

2015年に本格的に活動を開始して僅か二年ですが、タワレコメンに選出されたり

Youtube動画が公開から半年で100万再生を突破したり、

今年開催される全国6都市ワンマンライブツアーは全公演即日ソールドアウトしたり、

今注目のバンドです!!

独特な雰囲気と、聞いた人を虜にするポルカドットスティングレイの魅力を調査しました。

スポンサーリンク

ポルカドットスティングレイとは?

nekonekonoheya.com

福岡県を拠点にしている、学生+社会人の新ロックバンド

なんといっても特徴的なこのバンド名、

ボーカルの零さんが”言葉のパンチ力”で選んだんだそう。

Vocal.Guitar 零、Guitar エジマハルシ、Bass ウエムラユウキ、Drums ミツヤスカズマの4人で構成されている、ボーカルだけが女性のグループです。

ちなみに、ロゴのネコは、零さんが飼っている愛猫「ビビ」がモデルなんだそう。

youtube.com

セルフプロデュースの実力

レコード会社は半泣きビビレコーズ。(インディーズ)

なんと、所属レーベルがないのです。

作詞作曲の次に大事と言っても過言ではないほど、力を持つレーベル。

自分たちだけでプロデュースをするというところだけを見ても、他とは違うことが分かると思います。

2014年に結成し、メンバーの交替などを経て、2015年1月から本格的な活動を開始しています。

このバンドのキャッチコピーは「福岡県福岡市を拠点に何かを企む超常ハイカラギターロックバンド」。

計算しつくされたMV

ファンの間では評判で話題になっています。

結成から約1年の間は、自分たちのライブでその場限定のシングルを出して活動。

そんななか訪れた転機は2016年11月。

タワレコ限定で初めての全国流通CD『骨抜きE.P.』を発売。

すると、いきなりの大ヒットとなりました。

spincoaster.com

初めての全国流通にも関わらず、タワレコの全店総合アルバム週間チャートで2位を獲得しました。

最近では東京でのライブがどんどん決まってきて、大物ミュージシャンとの対バンもこなすなど、勢いが止まりません。

私もファンなのですが、少ない予算で、短い秒数で、ここまでできるのか…というようなクオリティなんですよ。

このバンド、イントロでもう心を奪われます

そのまま1曲聞いてしまうような、そんなグループです。

ライブがしょぼい?

ポルドっとスティングレイの2chスレッドを読んでいると、ライブがしょぼいという人がチラホラ。

ドラムは良いけどベースが~、ベースはいいけどギターが~、ギターはいいけどドラムが~など言っている人がいますが、人それぞれという感じですね。

インディーズですし、ライブによっては音響スタッフ(PA)の技術が低かったのかも知れません。

ライブ会場の音響によって音の聞こえ方も違うでしょう。

今後大きなライブハウスやホールなどでライブをするようになると安定するのではないでしょうか。

私はGWのJAPAN JAM 2017でポルカドットスティングレイを見てこようと思います!

登り続ける階段

個人的には、2017年かなり有名になることがほぼほぼ間違いないと思っています。

2015年6月1stシングル『極彩』を、ライブ会場限定でリーリース。

その2か月後に、初めて”ポルカドットスティングレイpresents『ポルフェス』”を福岡で開催。

初めてのイベントながら、主催という、すごく度胸があるなと思います。

2016年3月には配信限定で『テレキャスター・ストライプ』をリリース。

それが口コミで爆発的に広まり、なんと半年で再生回数100万回を超えるという、有名な歌手でも達成するのが難しいような偉業を打ち立てました。

ポルカドットスティングレイ」という名前を広めたキッカケにもなる曲ですね。

大きな事務所に属するわけでもなく、自分たちの力でここまで行くとは、音楽の神様がきっと味方してるんでしょうね。

独特な世界観に引き込まれる人が続出です。

10月に行われた新宿での初ワンマンライブは、チケットが3分で売り切れるという人気ぶり。

12月には初めてCMの出演・楽曲演奏をこなしました。

今年の6月には、全国6都市でのワンマンライブが決定。

すべてのチケットが即日完売しました。

すでに入手困難なチケット。

人気になってほしいけど、このままのセルフプロデュースで続けて行ってほしい、という複雑な気持ちです。

まとめ

すでに大物の道を歩き始めているポルカドットスティングレイ。

間違いないブレイクを追って、これからますますファンが増えそうな気がします。

ライブの幅も広がって、その歌声が聞けることを願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする