グルメンピック主催の大東物産が破産!開催せずに1億円超の負債超過

https://sites.google.com/view/gurumenpic2017-higaisyanokai/

グルメンピック2017の主催会社「大東物産株式会社」が破産申請をしていたことが明らかになりました。

当サイトでは過去にもグルメンピックについて調査してきましたが、今回の破産申請で計画的な詐欺であることが決定的になってきました。

今回は大東物産株式会社がこれまでにかかった経費や破産申請について調査しました。

スポンサーリンク

ニュースの詳細

金を集めたまま中止になったグルメイベントを主催した会社が、破産を申請していたことがわかった。

グルメイベント「グルメンピック」が突然中止になり、全国500以上の飲食店に出店料が返金されていない問題で、イベントを企画した東京・中野区の「大東物産」が破産を申請していたことがわかった。すでに破産手続きは始まっていて、債務超過は約1億2000万円にのぼるとしている。

大東物産は、今月末までに出店料を返金するとしていた。

http://www.ytv.co.jp/press/society/TI20236172.html

先月の説明では今月末までに返金すると言っていましたが、やはり破産申請されていたんですね。

なぜ負債総額が1億2000万円以上になった?

負債総額は1億2000万円以上ということですが、参加店舗から集めたお金が1億2000万円以上と言われていて、破産申し立て時の金額が1700万円しか残っていなかったということですが1億円以上はどこに消えたのでしょう?

ザックリ計算してみましょう。

まず考えられるのは事務所費用ですが、本社所在地とされていた場所には会社が入っていた様子はありませんでした。代わりに沖縄に事務所を構えていたという情報があります。

光熱費もあわせて月額30万円として

家賃30万円×12ヶ月=360万円

会場予定地だった味の素スタジアムや舞洲スポーツアイランドには使用料を全額払っていたということなので、一箇所500万円として

500万円×2ヶ所=1000万円

会場のテントや機材のレンタル先は1月の時点で決まっていなかったので支払ってもいないでしょう。

その他営業経費などで2000万円かかったとしても3360万円程度です。どれだけかかったとしても数千万円は残るはずですが何に使ったのでしょうか

破産手続開始決定って何?今後の予定は?

破産手続開始決定とは初めて聞く気がして調べてみると、以前は「破産宣告」と言われていたものなんですね。破産宣告は聞いたことがあります。

言葉通り、破産手続が開始されたことが公になっただけで債務の支払いが免除された訳ではなく、今後「免責許可の決定」がなされて初めて債務の支払いが免除され、借金が帳消しとなります。

破産手続開始から免責許可の決定までには「負債者集会」が数回開催されるので、今回の「グルメンピック2017被害者の方」の方々が異議を唱えることが出来るのはここだと思います。

計画的な破産の可能性もありますので、大東物産側もしっかり準備してくると思われますが、しっかりと申し立てて可能な限り返済してもらいたいですね!!!

まとめ

恐らく破産申請するだろうと言われていましたが、やはり破産申請しましたね。

まだ破産が決定したわけではないので、しっかりと不服申立てして少しでも返金出来ることを願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする