【動画あり】ジブリの名曲”主題歌・挿入歌”ランキング

スタジオジブリは解散という形になりましたが、作品は今現在も金曜ロードSHOWで放送されています。

ジブリは不滅ですね。

そんな作品を認知させる1つの理由にはやはり、その作品にぴったりの主題歌・挿入歌があってこそではないのでは?

そこでジブリファンの私がオススメするジブリ主題歌・挿入歌ランキングを紹介します。

今回ののランキングでは『 SNS投票』『CD売上枚数』『カラオケランキング』『思わず口ずさむ曲』これらの集計を行って、ランキングしています。

スポンサーリンク

第7位 となりのトトロ 『トトロ』

こちらは、大人から子供までが思わず口ずさんでしまう曲の第一位でした。

エンディングテーマとして使用されたこの曲は最初の『トトロ トトロ』がテンポもよく何と言っても覚えやすい点から選ばれたのではないでしょうか。

歌手は井上あずみさん、作詞は宮崎駿監督、作曲は久石譲さん。

旅好きの著者は『森へのパスポート』という部分が特に好きです。

第6位 猫の恩返し 『風になる』

森田宏幸監督によるアニメーション作品、猫の恩返し。この作品は『耳をすませば』の雫が買いた作品、スピンオフ(副産物)の位置付けの作品ですね。

歌手作詞作曲つじあやのさんの歌になっており、こちらはSNSとCD売り上げ枚数が上位でした。

弾き語りなどでも歌いやすい曲ですので、多くの女性の方に愛された歌だと思います。

なんといっても聞いていて癒されますよね。

第5位 ゲド戦記 『テルーの唄』

こちらは宮崎吾朗監督の作品の主題歌ですね。

手嶌葵さんは当初、歌だけだったのことですが、ヒロインのテルーの声優としても選ばれました。

作品の中でテルーが丘の上で、この唄を歌っているシーンは泣きそうになりました。

歌手は手嶌葵さん、作詞は宮崎吾朗監督、作曲は谷山浩子さん。

手嶌葵さんの美しい歌声と様々な孤独について綴られた歌詞の内容で、涙した方は結構多いのではないでしょうか。

第4位 崖の上のポニョ 『ポニョ』

宮崎駿監督の長編アニメーション作品です。

こちらの作品は『ハウルの動く城』以来4年ぶりの宮崎駿監督の作品ということで反響が大きかったですね。

この作品のキャッチコピーが好きなので紹介します。

  • 生まれてきてよかった
  • 子供の頃の約束は永遠に忘れない
  • 半径3センチ以内に大切なのものは全部ある

歌手は藤岡藤巻くんと大橋のぞみちゃんコンビ、作詞はアニメーターの近藤勝也さん、作曲は久石譲さんです。

やはりこちらもトトロと同じく覚えやすく子供に人気だったのが大きいのではないでしょうか。

ジブリ曲カラオケランキング1位に選ばれています。

陽気な効果音とともにみんなと盛り上がれて元気になる曲ですよね。

第3位 耳をすませば 『カントリーロード』

この作品と歌、大大大好きです。

こちらは柊あおいさんの漫画が原作になっており、宮崎駿さんが漫画を気に入り、近藤善文監督のもとの作品です。

背景美術がとにかく綺麗だなと思った作品です。

アメリカのジョンデンバーさんのTake me home, Country Roadsを日本語訳にカバーしたものですね。

こちらは、全てのランキングに入っていました。

認知度が高い歌として上位に挙げられています。

私はこのカバー曲も好きなのですが天沢聖司と雫がセッションして歌っている英語版カントリーロードもとても好きです。

原作の歌詞ではなく、日本語の歌の方に近づけた英語歌詞だと思います。

第2位 もののけ姫 『もののけ姫』

宮崎駿監督、3年をかけた大作です。私が自分のお小遣いで買った最初のものが、もののけ姫のビデオでした(^^)

何回も何回も見ていくうちに意味が分かり涙が止まらなくなります。

作品裏のできごとなどを調べていくと、また別の見方もできとても楽しめる作品です。

歌手は米良美一さん、作詞は宮崎駿監督、作曲は久石譲さん。

歌っている米良美一さんが男性だと知った時に驚いた人も多いのではないでしょうか。

全てのジブリ曲ランキングの上位に入っている歌です。

とにかくこの曲に関しては『美しい、そしてかっこいい』としか言いようがないです。

小学生の時に私は、この曲が好きすぎて必死で歌の手話をマスターしたのを覚えています。

番外(海外版ジブリ)

『 SNS投票』『CD売上枚数』などには入ってはいませんが、英語版ジブリの『魔女の宅急便』の主題歌になっている『Souring』と『I’m gonna Fly』が好きです。

あとはかぐや姫の劇中歌の『わらべ歌』が好きです。みんなで歌っているシーンが特に。

英語版『魔女の宅急便』のエンディング曲「I’m gonna Fly

日本版ではユーミンの「やさしさに包まれたなら」ですが、シドニーフォレスト(Sydney Forest )の「I’m gonna Fly」になっています。

オープニング「ルージュの伝言」のところは同じくシドニーフォレストの「Souring」に。

こちらも爽やかな曲でマッチしています。

第1位 千と千尋の神隠し 『いつも何度でも』

宮崎駿監督作品。人生で一番最初に見た映画が、『千と千尋の神隠し』でした。

主人公とも年が近かったといのもあり、すごくのめり込んだのを覚えています。

興行収入は300億円を超え、日本歴代興行収入第一位に選ばれた作品ですね。

10歳の少女たちが心に抱えているものや、本当に必要なものは何か。

少女が世間の荒波に揉まれた時に、もともと持っていた能力が溢れ出てくるような、そんな作品。

歌手作曲は木村弓さん、歌詞は覚和歌子さんです。

初めは『千と千尋』のために書かれた曲ではなかったと言われています。

しかし『ゼロになるからだ』のフレーズなどが作品の合致していたこともあり、この曲を起用することに。

この曲は口ずさむ曲以外のランキングでは全て1位という結果でした。

ピアノで弾けるようになりたい曲でも堂々の1位。

私は個人的に『いつも何度でも夢を描こう』のフレーズが好きです。

まとめ

この度のランキング作成にあたり参考にしたものは『 SNS投票』『CD売上枚数』

『カラオケランキング』『思わず口ずさむ曲』これらの集計を行って、得票数順に7

位から第1位までを作ってみました!

今回ランキングに入っていない曲にも

  • 天空の城ラピュタの「君をのせて」
  • 魔女の宅急便の「ルージュの伝言」「やさしさに包まれたなら」
  • 紅の豚の「時には昔の話を」
  • 風立ちぬの「ひこうき雲」

などがありますし、個人的なランキングはまた違っていると思います。

宮﨑駿監督が長編映画を作っているという情報もありますし、

次回作の主題歌・挿入歌がどうなるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする