絶対に泣ける!感動映画ランキング【2017】

https://goo.gl/bSX323

皆さんは映画で感動するのはどんなシーンでしょうか?

映画で感動させるシーンというのは様々ですが、その感動の仕方もまた観る人によって様々です。

では、本当に感動させてくれる映画とは?そしてハンカチ必須、胸が熱くなるような絶対に泣ける映画とは?そんな映画を今回はランキングして見ました。

それでは10位から発表していきます!

スポンサーリンク

10位「ソラニン」

https://goo.gl/Xok4HK

会社を辞めた芽衣子と音楽の夢をあきらめきれない種田。

二人は東京の片隅で暮らし、ある日「ソラニン」という曲を書き上げレコード会社に持ち込むが・・・・。

夢を追い続け、それにもがき苦しみ苦悩する姿は、今を生きる若者たちの苦悩そのものを映し出しているような映画で、夢を追い続けることの難しさと、立ちはだかる現実をリアルに描いている映画です。

ラストのライブシーンは耳を澄まして良く聴いて、その意味を理解すると本当に涙が止まらなくなります。

9位「犬と私の10の約束」

関連画像

https://goo.gl/2Yzymm

作者不詳の「犬の十戒」と言う短編詩をベースに、一匹のゴールデンレトリバーと少女の人生を描いた映画です。

犬に限らず、ペットを飼ってる方々には、是非観てもらいたい映画の一つです。

一匹のゴールデンレトリバーをベースにして描かれていますが、これはペットを飼っている方々、全てに当てはまると思います。

何かしらペットを飼っているとき、貴方は最後までちゃんと接してあげることができたと自信を持って言えますか?ペットが言うことを聞かないこともあるけれど、それは飼っている我々人間にも原因はあります。

ペットにとっての一番の友達は誰なのか?一緒にいたいと思う相手は誰なのか?生き物を飼うと言う事を深く教えてくれる映画です。

8位「素晴らしきかな人生」

「素晴らしきかな人生」の画像検索結果

https://goo.gl/n4bVZa

最愛の娘を亡くし人生のどん底に陥るハワード、彼を救ったのは3人の奇妙な男女だった・・・。

映画の冒頭で語られる人を繋げる要素「愛」「時間」「死」この3つを元にしてストーリーが繰り広げられていきますが、主人公のハワードに主軸を置きながらも、彼を救おうとする仲間達が大切な誰かとの絆を取り戻そうとする姿も描かれていて、そこもまた見所です。

観ていて心が温まり貴方にとっての「幸せのオマケ」に気づかせてくれるサイドストーリー的な部分も見逃せません。

そして最後に明かされる真実には驚かされ大切な人を想いながら涙してしまう、そんな感動ストーリーです。

7位「グッドライ」

「グッドライ」の画像検索結果

https://goo.gl/cJYnsH

スーダンで起きた内戦に巻き込まれた人々、彼らはロストボーイズと呼ばれアメリカ政府が彼らを受け入れ移住させる計画が始まり、3人の若者達がアメリカで暮らす日々を描いた映画です。

実話を元に描かれた内容をコミカルなタッチで表現されていますが、私達がいかに恵まれて、幸せな環境にいるのか?そして私達が知りえることのない、内戦の実情を教えてくれます。

スーダンからアメリカへ来た3人の男達は、電話を取れない、車に乗れば直ぐ酔ってしまう、農場にいけば「猛獣はいますか?」と聞いてしまう、マクドナルドを知らない、そんな状況の中アメリカで懸命に生きて、新しいことも覚えていく。

笑わせてくれながら私達に大切な事を気づかせてくれて、誰よりも力強く生きている彼らの姿には、本当に感動させられます。

彼らがアメリカに来て、覚えた大切こと・・・それは「誰かを救う優しい嘘」。

6位「ゴースト~ニューヨークの幻~」

関連画像

https://goo.gl/Ly7PqP

強盗に襲われ命を落とした男は、幽霊となって恋人の前に現れるが、彼女には存在がまるで分からない、彼は霊媒師の力を借りて彼女と接触をしようとする。

未だに忘れられることのない、もはや説明不要の名作中の名作と言えるでしょう。

愛する人と離れることの辛さ、一緒にいたいという思い、守りたいという思い。

まさしく恋愛感動映画の王道と言える作品ですね。

5位「最強のふたり」

関連画像

https://goo.gl/T6C7Po

全身麻痺となってしまった、大富豪フィリップスは新しい介護者を探すために募集を掛けるが、そこに応募してきたのはスラム街出身の黒人男性ドリス。

彼らはぶつかり合いながらも、友情を深めていくことに・・・・。

「足が不自由な人が階段を上がろうとしている姿を見たら貴方はどうしますか?」この問いかけに、とある人はこう答えます。

「いや、俺は何もしねぇな助けようとする事が、この人は階段が上れないんだな、と決め付け、そこから既に差別が始まってると思うんですよ」。

障碍者に対して何を思うか?障害者は何を思っているのか?私は介護者ではないので、何も言えませんが、その一つの答えがこの映画にあるのだと思いました。

障碍者を一人の人間として何の懐疑心もなく対等に接するということ、それがどれだけ難しく、そして勇気がいる事なのか・・・・そして、それがどれだけ大切な事なのか・・・、そんな事を気づかせてくれ、笑わせながらも心に響かせてくれる映画です。

4位「パーフェクトワールド」

関連画像

https://goo.gl/TY3zCU

刑務所を脱走したブッチは一人の少年を誘拐して逃避行を続けるが、やがて二人は心を通わせていく・・・・・。

社会から省かれる人間でも不器用なだけで純粋な人は沢山いる、そんな純粋さを少年は感じ取って、主人公と心を通わせていくのかもしれません。

結末には涙を無くしては語れませんが、どこか心が優しくなれる映画です。

3位「ショーシャンクの空に」

「ショーシャンクの空に 映画」の画像検索結果

https://goo.gl/iTjFFL

妻と愛人を殺した罪でショーシャンク刑務所に投獄されることになった銀行家アンディ、彼はとある受刑者と出会い、自らもつ不思議な魅力で、すだんだ受刑者達の心を掴んで行く・・・。

泣ける映画の傑作として必ずといって良いほど取り上げられるのが、この映画であり、映画歴史に残る屈指の作品の一つでしょう。

生きる事に疲れた時、生きる理由が知りたい時・・・心が温まり、自然と涙が溢れて来る事は間違いありません。

この映画を観ていない方は、間違いなく損をしています!是非一度ご覧ください!!

2位「フォレストガンプ」

関連画像

https://goo.gl/pNVBJ7

知能指数が人より劣る主人公フォレストガンプの半生を描いた、ヒューマンドラマです。

純粋に良い映画だと言える往年の名作名画の一つでしょう。

生まれつき知能指数が劣っていたり、足が不自由だったりもするが、彼のひたむきな姿勢、そして過去ではなく前を向いてしっかりと生きているということ。

悲しいことほど淡々と。

壮絶なことほど淡々と。

この「淡々と」がとても絶妙なさじ加減を出しています。

人生は素晴らしいという事。

人間は素晴らしい事いう事。

様々なことを伝えてくれているこの映画は、泣けてくると同時に、人生のデトックスをさせてくれる至高の作品ですね。

1位「チョコレートドーナツ」

関連画像

https://goo.gl/L2LnXd

70年代のアメリカでの実話を元に、母親に見捨てられたダウン症の少年マルコと、一緒に暮らそうとい決めたゲイである事を隠していた弁護士と、とあるショーダンサーの姿を描いたヒューマンドラマです。

数ある往年の感動映画がある中、私があの、ショーシャンクの空にやフォレストガンプをぶっちぎりで抜いて選んだ映画がこれです。

当時は障碍者やゲイ等に対して強く差別意識があった時代、そんな時代の中で自分たちの思いを貫き、立ちはだかる偏見と差別に立ち向かっていく姿を描いています。

正しいとは何なのか?正義とは何なのか?この映画に対して誰が悪いとか、誰が正しいとかはもしかしたら言えないのかもしれません。

それはルールに乗っ取って正しいことをしたという想いや、自分たちはそのルールから外れても正しいことをしていると言う信念、この二つが交錯しているのだとも思いました。

ですが、この映画で私たちに見せられている事は・・・映画の台詞にもある「これは誰も気に留めない、一人の人生の話なんだ!」というこの一つにあるんだな、と感じました。

観終わった後、より一層人に優しくしてあげたい、そんな気持ちにさせられると同時に、最後のシーンは本当に涙を隠せませんでした。

マルコの好きだったもの、それは・・・・・。

「人形のアシュリー」

「ディスコダンス」

「ハッピーエンドのお伽話」

そして・・・「チョコレートドーナツ」

如何でしたか?仕事に疲れたとき、人生で悩んだ時、親しい誰かと喧嘩した時、そんな時に自分を見つめ直して思いっきり泣いてみたり・・・そんな時にピッタリな映画を選りすぐってみました。

色んな「泣く」という形があると思いますが、どれも一度は観てもらいたい作品ですので、是非ご覧になって下さい!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする