ディズニーランドのオススメ写真スポットと撮り方【2017】

http://find-travel.jp/article/1624

2013年に30周年を迎えてから、とくに人気のディズニーランド

友達と、家族と、彼氏彼女と…さまざまな楽しみ方がありますね。

アトラクションやパレードでも楽しめますが、上手に写真が撮れれば、もっと楽しくなりますよ!

今回は、ディズニーランドのおすすめフォトスポットについてご紹介します。

それぞれにたくさんの楽しみ方があるので、ぜひ自分だけの写真を撮影してみてくださいね!

スポンサーリンク

ワールドバザール エントランス前

https://goo.gl/3mOV0e

ディズニーランドのエントランスを通過すると現れる、大きな花壇

なんと、たくさんのお花を使って、大きなミッキーの顔が描かれているのです。

また、イベントが開催されている間は、たくさんの装飾がされているのもポイントですよ。

この場所では、ちょっと上からカメラを構えて、ミッキーの顔がうまく収まるようにすると、良い写真が撮れるかと思います。

パーク開園直後は多くのゲストがこの場所を利用するので、注意が必要です。

おすすめの時間帯は、お昼頃です!

ウォルトディズニー銅像前

http://photohito.com/photo/4231609/

正式な名前は、「パートナーズ前」と言うそうです。

ディズニーの創設者ウォルトディズニーとミッキーの銅像が飾られていて、フォトスポットにはピッタリです。

ちょっと上級者のような写真が撮りたい方は、バックにあるシンデレラ城も一緒に写すのがおすすめ。

大きなものを一緒に撮ると、写真が傾くことも少なくなりますよ!

ピントの調節もうまくいくのでやってみてくださいね。

シンデレラ城前

多くのゲストが写真撮影を行うスポット。

そんなシンデレラ城は、おすすめの角度が3つあります。

プラザ前

http://can-room-tdl.seesaa.net/article/171088683.html

ディズニーランドでは、シンデレラ城前の広場を「プラザ」というようです。

プロポーズが行われるのも、この場所が多いですね。

もちろんお昼の撮影もステキですが、個人的には、夜のライトアップも好きです。

幻想的な光に包まれるシンデレラ城は、見ごたえありますよ!!

アドベンチャーランド側

http://syararin.blog50.fc2.com/blog-entry-2050.html

アドベンチャーランド側は、シンデレラ城を正面にしたときに左手側のことを言います。

この場所は、写真のようにパレードを鑑賞するのにもピッタリ

少し高度な気もしますが、パレードフロートとシンデレラ城の両方をバックに撮ることも出来そうですね!

トゥモローランド側

https://goo.gl/C1rMLR

シンデレラ城を正面にしたときに、右手側にトゥモローランドがあることからこう呼ばれています。

お城がちょっと斜めになるので、カメラの枠からはみ出すことも少ないです。

正面よりもおしゃれに撮れるので、わたしもよく撮影するスポットです。

少人数で撮るときは、プラザ側よりもきれいに写りますよ!

プーさんのハニーハント前

http://www.tokyodisneyresort.jp/attraction/detail/str_id:fl_pooh/

大きな本のモニュメントがゲストをお迎えしてくれます。

プーさんのハニーハントは、ほぼ毎日行列ができる大人気のアトラクションです。

そのため、このフォトスポットは人混みとの闘いになりそうです…。

撮影する際は、かなりしゃがんで下から撮るようにすると、本全体が入るかと思います。

イッツ・ア・スモールワールド前

http://livedoor.blogimg.jp/t_musashino/imgs/8/0/800a398d.jpg

カラフルな建物なので、今大人気のインスタグラムにも。

大きなアトラクションですが、外観のどこを切り取ってもおしゃれになりますよ!

そんなイッツ・ア・スモールワールド、わたしのお気に入りは、夜のライトアップ後です。

カラフルな塗装が光に照らされると、フィルターや光調節を選ばなくても、お気に入りの1枚が撮れます!

最近のスマホは夜景も綺麗に撮れるのでスマホでも綺麗な写真が撮れると思います。

まとめ

ディズニーランドには、まだまだおすすめのフォトスポットがあります。

みんなが撮るメジャーなところから、ほんのちょっと通なところまで。

1日では時間が足りないですが、お昼も夜も楽しめるのがいいですよね。

他にもオススメ写真スポットがあればコメントお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする