ディズニーランドでオススメ夜景写真スポットとカメラの設定方法

http://mjk.ac/H52tAD

テーマパークはお昼に楽しめる」というイメージが強いですが、ディズニーリゾートは夜も楽しめるのがポイントです。

夜の静かな雰囲気の中にキラキラ光るライトアップは、とっても幻想的ですよね。

わたしは、パークへ遊びに行った時には、毎回閉園直前まで友達と遊んでいます。

今回ご紹介するのは「ディズニーランドでの夜景スポットとカメラの設定方法」です。

どれも定番のスポットですが、カメラの設定によって、雰囲気がグンと変わることもあるので、色々なものを試してみてくださいね!

スポンサーリンク

ホーンテッドマンション

http://banq.jp/38968

夜になると、おばけの住む屋敷がライトアップされます。

アトラクション乗車中は、室内が暗いために「フラッシュ・液晶を使った撮影」が禁止されています。

そのため、写真を撮る場合は、ホーンテッドマンション前で、外観をバックにする方がおすすめです。

カメラの設定は、フラッシュが出ないようにオートモードをOFFにするのはもちろん、一眼レフやミラーレスカメラを使う時にはマニュアル設定にしてみてください。

そうすることで、思わぬ手ぶれや、ピントが合わないなどの問題を解決することができますよ!

ワールドバザール

http://www.panoramio.com/photo/99637180

エントランスが近いために、開園直後・閉園直前はものすごく混む場所です。

なので、ゆっくりと静かに時間を過ごしたい場合は、なるべく上記の時間帯をずらしてくださいね。

ワールドバザールは、たくさんのお店がライトアップされるので、本格カメラ(一眼レフなど)での撮影が映えると思います。

ただ、個人的には、iPhoneやスマホなどのパノラマ機能を使うことが多いです。

本格カメラに比べると、どうしても画質や鮮明さが落ちてしまうのですが、ずらっと並ぶワールドバザールの街並みには、パノラマが良く似合いますよ!

シンデレラ城前

http://how-to-inc.com/disneyland-proposal-5603

ディズニーランドの代名詞にもなっているシンデレラ城

他のライトアップい比べると青白い光なので、もしも加工を使う場合は、ビビットや明るい色のものではなく、ブルーなどの暗めのフィルター機能にしてみてください。

フィルター次第で、シンデレラ城の青白い光をより綺麗に写しだすことができますよ!

シンデレラ城 花火

http://blogs.yahoo.co.jp/redwood1944/14857369.html

20:30前後にパークで上がる花火は迫力たっぷりで、カップルなどに人気です。

花火の撮影は難しいのですが、連写機能やタイマーを使うとうまくいくことがありますよ!

また、動画で撮影して、instagramのストーリーに載せている人も最近よく見かけます

エレクトリカルパレード

http://matome.naver.jp/odai/2132461337016844701/2134647165725014303

シンデレラ城とは違い、カラフルなライトアップがまぶしいエレクトリカルパレード

パレードフロートはルートに沿って動くため、カメラを固定して撮ると、ライトがぶれずに済みます。

また、キャラクターを撮ろうとアップにしてしまうと手ぶれが大きくなってしまうので、なるべくその機能は使わずに、加工する時に写真を大きくするようにするといいです

まとめ

ディズニーランドで、ライトアップされる場所は意外と多いので、撮影チャンスに巡り合える回数も増えると思います。

一眼レフやミラーレスなどの本格的なカメラは、綺麗に美しく撮れますが、そのぶん扱いが難しいことも…。

そんな時は、スマホのフィルターやレンズ機能を使うとうまくいくので、色々試してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする